中国でのネットアクセス規制を回避できるおすすめ香港SIMカードの使い方・設定方法【中国旅行/短期滞在者向け】

ネットのアクセス規制のある中国ではLINEやTwitter、Instagram、FacebookなどのSNSが使用できないほか、googleなどの検索エンジンにも接続できません。

 

現地でスマホを使いたいときこれらのサイトが接続できないとなかなか不便ですよね。

今回は中国でこれらのアクセス規制を回避できるSIMカードについて紹介します。

 

香港simの設定方法

こちらは中国聯通のプリペイドSIMカードです。

8日間で2GB使えます。無制限と書かれていますが2GBを超えるとで低速となり、実質的には2GBまでです。

デザリングも可能なのでスマホ経由でpcへも接続できます。複数人でシェアすることも可能です。

使用容量が2GBを超えてしまった場合は携帯からチャージすることもできます。

上海で2度使用したことがありますが問題なく使用できました。

値段も1000円代でWi-Fiをレンタルするよりかなり安く抑えられるのでおすすめです。


4G高速データ通信 中国本土31省と香港で7日利用可能 プリペイドSIM

 

香港simを使用する前に

香港simを使用する前にsimロックの解除されているSIMフリースマホである必要があります。

simロックの解除についてはこちらの冒頭で詳しく書いています。

中国で留学・長期滞在する際の携帯(SIMカード)契約方法とお得な料金プランについて

 

香港simの設定・接続方法

simカードの設定方法は中にある紙に詳しく書かれています。日本語で書かれているのでわかりやすいでしょう。

 

簡単に手順を説明すると

①設定アプリから”APN”へ

②APNに”3gnet”と入力

③設定からデータローミングをONにする

これで完了なようです。

 

simカードはこんな感じ。

自分のスマホに対応した形に切り取ることができます。

 

実際に接続してみる

iPhone、Androidの端末で実際に現地で接続してみましたので紹介します。

 

iPhoneで接続


使用したのはiPhone7です。

 

もともと入っていたsimカードを取り外し、香港simを挿入します。

 

“了解”をタップ

 

“了解”をタップ

 

“続ける”をタップ

 

appleIDを入力してログイン。

これで設定完了でした。

 

私の場合マニュアルに書いてある操作は不要でした。

 

 Androidで接続


android端末から接続してみます。

使用した機種はOppo Neo R15です。

 

もともと入っていたsimカードを取り外し、香港simを挿入します。

 

“開く”をタップ。

 

“オン”をタップ。

 

googleアカウントにログイン。

これで設定完了でした。

こちらもマニュアルに書いてある操作はする必要がなかったです。

 

機種によってはAPNの設定が不要な場合もあるようなので、現地でSIMカードを入れ、データローミングをONにすればすぐに繋ぐこともできるようです。

 

とても便利でお得なので、旅行や出張などの短期で中国に滞在される予定の方にはおすすめできるsimカードです。

 


amazonで購入

楽天で購入

 

複数枚買いたい方はセット購入がおすすめです。


中国本土全域+香港 4G プリペイド SIMカード データ定額 2GB/7日 出張 旅行 中国聯通 ChinaUnicom 2枚セット 4GB


お得な5枚セット!【中国聯通香港】4G 中国SIM (本土31省と香港) 8日利用可能

日本生まれ日本育ち。現在中国に滞在中。 海外旅行が大好きです(特にアジア圏) おもに中国現地の情報や旅行記などを発信していきます。
投稿を作成しました 26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る